公益財団法人 北九州市芸術文化振興財団

目次

財団の活動

北九州芸術劇場
響ホール
音楽事業
埋蔵文化財調査室
紹介
最新の発掘情報
平成29年度の発掘情報
普及活動
出版事業
北九州国際音楽祭
北九州市ジュニアオーケストラ
北九州市少年少女合唱団

施設あんない

北九州芸術劇場
響ホール
大手町練習場
施設空き状況
劇場・響ホール・市民会館
戸畑市民会館

公演スケジュール
公演詳細情報

刊行物
かるかる
ステージ通信「Q」

財団について
財団概要
事業概要

リンク
北部九州文化ネットワーク会議

お問い合せ
お問い合わせ

トップページへ戻る

埋蔵文化財調査室


北九州市の埋蔵文化財 最新の遺跡発掘調査

稗田川遺跡第4地点
所在地  北九州市小倉南区横代五丁目
調査時期 平成29年6月1日〜平成29年6月16日


調査の内容
 
 本遺跡は、小倉南区横代と周辺を流れる稗田川のそばにあり、標高5mに位置し、10m程で稗田川に到達する。調査区は現況が耕作地であり、20cmほどの耕作土を取り除くと、暗青灰色の包含層を検出した。この包含層からは、古墳時代から平安時代の須恵器片・土師器片、鎌倉時代の青磁片などを検出した。また、包含層を除去した段階で、3基の柱穴を検出した。この遺構を検出した面から深さ約1mの範囲では、ほとんど遺物を含んでおらず、丘陵からの堆積層と考えられた。
 上記の堆積層たいせきそうを除去すると、青灰色の川砂層・砂利層・腐植土層を検出し、その中から数点の縄文土器を検出した。また、調査区内で大きな流木を3本検出し、周囲の腐植土からは、ドングリ・カシの実などが大量に出土した。
 以上の様に、稗田川遺跡第4地点からは、縄文時代から鎌倉時代までの土地利用を確認することができた。


稗田川遺跡第4地点 01
北側全景
稗田川遺跡第4地点 02
南側土層
              稗田川遺跡第4地点 03
遺物出土状況



主な遺構
縄文時代〜鎌倉時代  柱穴3個、河川堆積層、流木、包含層        

主な遺物
縄文時代〜鎌倉時代  縄文土器、須恵器、土師器、青磁など
コンテナ  7箱