財団法人 北九州市芸術文化振興財団

目次

財団の活動

北九州芸術劇場
響ホール
音楽事業
北九州市ジュニアオーケストラ
北九州市少年少女合唱団
埋蔵文化財調査室
北九州国際音楽祭
北九州演劇祭
文化振興
ひろば北九州
まちかどエッセー
史跡探訪
郷土文化
市民憲章
賛助会員募集
出版物のご案内

施設あんない

北九州芸術劇場
響ホール
大手町練習場
施設空き状況
劇場・響ホール・市民会館
戸畑市民会館

公演スケジュール
公演詳細情報

刊行物
かるかる
ステージ通信「Q」

財団について
財団概要
事業報告

リンク
北部九州文化ネットワーク会議

お問い合せ先

トップページへ戻る

 


北九州市民憲章推進協議会規約
(名称及び目的)
第1条 この協議会は、北九州市民憲章推進協議会(以下「憲推協」という。)と称し、北九州市民憲章の推進活動を行うことを目的とする。
(事業)
第2条 憲推協は、第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。
 (1)市民憲章の普及及び啓発のための企画及び実践活動
 (2)北九州市及び関係機関との連絡調整
 (3)その他目的達成のために必要な事項
(組織)
第3条 憲推協は、次の者をもって構成する。
 (1)各種団体の代表
 (2)第12条第1項に定める区市民憲章推進協議会の代表各1名
 (3)学識経験者
 (4)その他会長が憲推協の目的達成のために必要と認める者
(役員)
第4条 憲推協に、以下の役員を置く。
 会長   1名
 副会長  3名
 理事   若干名
 監事   2名
(役員の選出)
第5条 会長は、憲推協の総会において、第3条各号に掲げる者(以下「構成員」という。)の中から選出し、副会長及び監事は、構成員の中から総会に諮り、会長が指名する。
 2 理事は、会長が構成員の中から委嘱する。
 3 常任理事を若干名置くことができるものとし、理事の中から会長が指名する。
(役員の任期)
第6条 役員の任期は、2年とする。ただし、欠員により補充された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
 2 役員は、再任を妨げない。
(名誉会長、顧問及び参与)
第7条 憲推協に、名誉会長、顧問及び参与を置くことができる。
 2 名誉会長、顧問及び参与は、必要に応じて会議に出席し意見を述べることができる。
(会議)
第8条 憲推協の会議は、総会及び理事会とする。
(総会)
第9条 総会は定時総会及び臨時総会とする。
 2 定時総会は年1回、臨時総会は必要に応じて会長が招集し、会長がその議長となる。
 3 総会は、次の各号に掲げる事項を議決する。
 (1) 規約の制定及び改廃に関すること。
 (2) 事業計画及び事業報告に関すること。
 (3) 予算及び決算に関すること。
 (4) その他会長が必要と認めた事項。
(理事会)
第10条 理事会は、会長、副会長及び理事で構成する。
 2 理事会は、会長が招集しその議長となる。
 3 理事会は、総会の決議事項その他憲推協の運営に関する事項を処理する。
 4 常務理事は、会長の命を受け会務を処理する。
(理事会、総会の一括開催)
第10条の2 会長が特に認めたときは、理事会、総会を一括開催することができる。
(小委員会)
第11条 会長は、必要に応じ理事会に小委員会を置くことができる。
(区市民憲章推進協議会)
第12条 北九州市民憲章の実践活動を推進するため、各区に、区市民憲章推進協議会を置く。
 2 前項の協議会の事務を処理するため、各区役所に事務局を置く。
(経費等)
第13条 憲推協の経費は、補助金、賛助金その他の収入金をもって充てる。
(経費等)
第14条 憲推協の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
(事務局)
第15条 憲推協の事務を処理するため、財団法人北九州都市協会に事務局を置く。
 2 事務局に関する必要な事項は、会長が別に定める。
(雑則)
第16条 この規約に定めるもののほか必要な事項は、理事会に諮り会長が別に定める。
 
付則
この規約は、昭和56年5月16日から施行する。
付則
この規約は、昭和56年9月29日から施行する。
付則
この規約は、平成5年6月24日から施行する。