CulCul5月号 2013 page 5/16

CulCul5月号 2013

このページは CulCul5月号 2013 の電子ブックに掲載されている5ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

Kitakyushu Municipal Museum of ArtOperation TableChigusa HotelCCA KITAKYUSHUKITAKYUSHU MUNICIPAL MUSEUM OF ART, RIVERWALK GALLERYMojiko Art Research CenterGALLERY SOAP5 CulCul 2013.May◇北九州市立美術館・本館 建築家・磯崎新による斬新なデザインで1974年に開館。 モネ、ルノワール、ロダン等のヨーロッパ美術をはじめ、大正?昭和期の日本絵画、江戸期の浮世絵版画、1980年代米国ニューペインティング、戦後日本の具体美術協会の作品など、所蔵品も充実しています。駐車場170台分。七条バス停?美術館のシャトルバスも便利。戸畑区西鞘ヶ谷町21の1 093(882)7777 新年度の始まりです。アートに触れながら知性・感性に磨きをかけてみませんか。 北九州市内には美術館やギャラリーなどアートに接する場が数多くあります。 その中から主な場所をピックアップして紹介します。◇GALLERY SOAP 1997年オープン。アート展はもちろん音楽やパフォーマンスなど様々な表現に触れることができます。併設するカフェバーには表現者たちも出入りしています。小倉北区鍛冶町1の8の232F093(551)5522◇千草ホテル ホテル内カフェの中庭で「中庭アートPROJECT」展を随時開催。北九州近辺在住の若手作家の貴重な発表の場となっています。八幡東区西本町1の1の1093(671)1131◇OperationTable アーティスト・イン・レジデンス(美術家が一定期間滞在して制作・発表)兼ギャラリー。元動物病院を改装した独特な雰囲気の空間で随時、意欲的な発表がなされます。八幡東区東鉄町8の18090(7384)8169 各場所を訪ねる際は必ず事前に会期や休館日などご確認ください。北九州市立美術館・本館◇北九州市立美術館・分館 都心部のリバーウォーク北九州5階にあり、身近に展覧会を楽しめます。夜8時まで開館なので学校やお仕事帰りに寄ってみては(展覧会によって閉館時間が異なる場合があるので事前にご確認を)。小倉北区室町1の1の1 5F093(562)3215◇現代美術センター   CCA北九州 現代美術の研究・学習機関として1997年に開設。世界の第一線で活躍しているアーティストを北九州に招き、滞在を通じて制作された新作を発表する「ギャラリー・プロジェクト」のほか、公開レクチャーや美術講座なども開催されます。ライブラリーには一般には入手しづらい国内外の美術書も充実し、特にこれまでの招待作家達による数々のアーティスト・ブックは必見。八幡東区尾倉2の6の1093(663)1615◇門司港美術工芸研究所   (旧・門司港アート村) 門司港の小学校跡地が制作スタジオとして活用され、美術家・工芸家達が制作に励んでいます。門司区庄司町19の1093(322)1235美術hiroba 花 田 伸 一北九州アートめぐりキュレーターShinichi Hanada