CulCul5月号 2013 page 8/16

CulCul5月号 2013

このページは CulCul5月号 2013 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

CulCul の主な設置場所市内JR駅、市民会館、市民センター、生涯学習センター、図書館、市内体育施設、北九州空港、男女共同参画センター ムーブ、井筒屋、モノレール駅など8■九州交響楽団「第54回北九州定期演奏会」6月16日(日)午後2時開場、同3時開演、北九州市立響ホール(八幡東区平野)。指揮は飯森範親、ソプラノ高橋薫子。ロッシーニ歌劇「セヴィリアの理髪師」より序曲、〝今の歌声は?、マスカーニ歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲、プッチーニ歌劇「ジャンニ・スキッキ」より〝私の愛しいお父さん?、ベートーヴェン交響曲第6番「田園」ほか。全席自由。入場料、一般3500円、学生1500円、会員割引2500円(会員:北九州音楽協会、ひびき音楽友の会、九響・定期、天神でクラシック、後援会)。未就学児入場不可。九響チケットサービス092(823)0101■北九州交響楽団「第109回定期演奏会」6月23日(日)午後2時20分開場、同3時開演、北九州芸術劇場大ホール(小倉北区室町/リバーウォーク北九州6F)。指揮は長野力哉、ピアノ永野栄子。バラキレフ「3つのロシアの主題による序曲第1番」、チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」、ベートーヴェン「交響曲第6番『田園』」。※都合により曲目が変更になりました。全席自由。入場料、一般1300円、学生800円(当日各200円増)。未就学児入場不可。北九州交響楽団事務局093(533)3456(ディーキューブギャラリー内)■モスクワ・フィルハーモニー交響楽団6月26日(水)午後6時30分開場、同7時開演、北九州芸術劇場大ホール(小倉北区室町/リバーウォーク北九州6F)。指揮はユーリ・シモノフ、ピアノ及川浩治。ムソルグスキー「交響詩『禿山の一夜』ニ短調」、チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番変ロ短調」、同「交響曲第6番『悲愴』ロ短調」。全席指定。入場料、A席1万円、B席7000円、C席5000円。未就学児入場不可。北九州労音093(571)0227ごあいさつ ?読者の皆さまへ? これまで文化に関わる読み物をお届けしてきた「ひろば北九州」と、催事・イベント情報をお届けしてきた「かるかる」。ふたつを合体させ、「CulCul」(かるかる)として創刊しました。これまでと同様に読者の皆さまのご愛読をお願いいたします。 また、北九州市芸術文化振興財団は4月1日より財団法人から公益財団法人に移行いたしました。公益財団法人への移行を機に、これまで以上に芸術文化の振興・発展に努め、演劇や音楽などより一層の潤いと感動を提供してまいります。CulCul(かるかる)郵送のご案内 CulCulは、市内の主要施設に置いていますが、あらかじめ郵便切手をお送りいただければ、ご自宅に郵送いたします。郵送先の郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記のうえ、ご希望回数分の切手を添えてお送りください。A.三つ折り定型郵便物での郵送 一回90円B.定型外郵便物での郵送(折りなし)  一回 140円6月号から平成26年3月号までの10回を上限といたします。必ず、AかBいずれかと回数を明記して下さい。切手到着後の郵送となります。〒805- 0019 北九州市八幡東区中央二丁目1の1 レインボープラザ7FCulCul郵送係まで 情報コーナー指揮 ユーリ・シモノフりはなく、そのエネルギーは私たちに驚くほどの力を与えてくれます。 今回ご来場いただいた方々の中には、お友達や関係者の他に、『かるかる』をご覧になって足を運んで下さった方も多くいらっしゃいました。このような情報誌の存在は本当にありがたいです。「今月は何を観に(聴きに)行こうかしら?」と迷ったら、まずは『かるかる』をめくってみては? 子供の発表会巡りも楽しいですよ。からは、「感動して涙が出た」「襟を正されるとかそんな生半可なものでなく、バットで頭を殴られた様な衝撃を受けた」等々の嬉しいご感想をいただきました。 私は普段から子供達に言っています。「大人も子供も、巨匠もアマチュアも関係ない。演奏するからには、音楽が持っている魅力を全てお客様に伝えられるように努力しなければならないよ」。惜しみない努力は、必ず実を結びます。子供の才能に限 我がPIANOschoolの〝修了演奏会?が終わり、次のステップへ新しく踏み出した今日この頃です。 みなさま、初めまして。私はピアノ教師兼ピアニスト。普段は、幼稚園児から大人まで、個性派揃いの生徒さんと楽しく過ごしています。さて、前述の修了演奏会、聴いて下さった方々音楽が持つ魅力を全て伝えられるように