CulCul 9月号 2013 page 6/16

CulCul 9月号 2013

このページは CulCul 9月号 2013 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

6『月刊コミックゼノン』座談会&出張編集部【開催日】2013年8月25日(日)午後1時~午後1時45分 座談会午後2時~午後4時 出張編集部現役の編集者の方にお越しいただいて、マンガ作品を見てもらう「出張編集部」を開催。編集部を囲んでの座談会も開催予定です。(こども文化パスポート適用あり)【お問合せ】北九州市漫画ミュージアム093(512)5077を誘う作品となっています。コミカルなタッチの作品でありながら、随所に原作『北斗の拳』の絵柄が登場し、より一層面白さを引き立ててくれます。 また、原哲夫と「株式会社コアミックス」の社長、堀江信彦の原作『義風堂々!! 直江兼続』は、少年の心で、時には常識を逸脱したような姿で、突き進んでいく傾かぶきもの奇者を描いた作品として、人気を集めています。栗原類さんが、ゼノンコミックス『花の慶次』『義風堂々!!』のCMキャラクターを努め、話題になりました。ドラマやアニメ化された作品は、どれも九州での放送はまだ行われていませんが(インターネットでの放送を除く)、今後こちらでの放送にも期待したいところです。今回の展示では、こうした作品をはじめとして、『月刊コミックゼノン』に連載中の数々の作品の原画を紹介しています。手書きの作品もあれば、デジタルで描かれたものもあり、また作品のジャンルも雰囲気も多岐に渡る雑誌の魅力を、展示でご紹介しています。展示を見て楽しみ、本誌を読んでいただき、好きな作品を見つけてもらう、そんなきっかけとなる展覧会となればと思っています。※パラレルワールド=並行世界。並行宇宙。漫画hiroba郷 田 和 代北九州市漫画ミュージアム 学芸員北条司&コミックゼノン展~魅力あるコミックゼノン作品~Information漫画と北九州 現在開催中の企画展「北条司&コミックゼノン展」。 今回は、『月刊コミックゼノン』についてご紹介します。編集元の「株式会社コアミックス」は、編集者、漫画家、声優が集まり、設立した会社ということは前号でご紹介しましたが、それにちなんだ取り組みも行われています。本誌では、お笑い芸人やアイドルとのコラボ、また、絵だけで物語を表現する新人漫画家の募集なども行われています。また、本社のある吉祥寺をはじめとして、漫画にちなんだカフェやバーの経営もしており、多くの世代の人たちが訪れる憩いの場となっています。 『月刊コミックゼノン』には、男女問わず愛される作品が掲載され、ドラマやアニメ化もされ、人気を集めています。高瀬志帆の『おとりよせ王子』は、全国各地から美味しいものをおとりよせして、それを心から楽しんでいる26歳の男性が主人公。九州各地の食材も取り上げられ、それを味わう姿を見ると、思わずおとりよせしたくなります。 また、アニメ化された作品として、『北斗の拳』のパラレルワールド※として描かれた『DD北斗の拳』が挙げられます。こちらの作品は、『北斗の拳』の登場人物たちが登場する何気ない毎日の中で巻き起こす、笑いKazuyo Goda催事情報を見る