CulCul 12月号 2013 page 5/16

CulCul 12月号 2013

このページは CulCul 12月号 2013 の電子ブックに掲載されている5ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

5 CulCul 2013.Decemberインターネット上でも見ることができます。 さて、北九州会場で展示された映像や写真には「sms、デート・サイトのパートナー募集広告、フィッシング詐欺メイルから政府のプロパガンダまで」多岐に渡る「情報の断片」がコラージュされています。ブログに綴られた誰かの些細な日常、動画サイトにアップされた誰かの部屋の様子、出会い系サイトでの書き込み等のパーソナルな情報から、政治家や君主や軍隊に関して一定の制限を受けるパブリックな情報までが並びます。 それらの作品に飛び交う様々なレベルの情報を見ながら私は一様に「覗き見」のような感覚美術hiroba 花 田 伸 一北九州アートめぐりキュレーターShinichi Hanada「第四回北九州国際ビエンナーレ」チラシ※掲載写真は、全て「第四回北九州国際ビエンナーレ」北九州会場風景(於・GALLERY SOAP)「第四回北九州国際          ビエンナーレ」よりinformationベルリン Berlin ZK/U 8/9釜山 Busan TOTATOGA Archive Center ‘Space DOT’ 9/7 - 9/14北九州 Part -I GALLERY SOAP 9/28 - 10/31東京 Tokyo 山谷労働福祉会館 10/5シンガポール Singapore The Private Museum 10/22 - 12/8北九州 Part -II GALLERY SOAP 11/2 - 12/7Participants: Federico Baronello, Mike Bode, Young-hae Chang Heavy Industries, John Miller, Martine Neddam,Keiichi Miyagawa 宮川敬一, Yoshitaka Mouri 毛利嘉孝, Manabu Arima 有馬学, Charles Lim Yi Yon, Sean Snyder,Takuji Kogo 古郷卓司 *Candy Factory Projects 他INFO:北九州国際ビエンナーレ事務局 〒802-0004 北九州市小倉北区鍛冶町1-8-23-2F GALLERY SOAP 内TEL/FAX: 093-551-5522 E-mail: info@g-soap.jp第四回北九州国際ビエンナーレTHE KITAKYUSHU BIENNIAL WORLD TOUR 2013主催:北九州国際ビエンナーレ実行委員会、特定非営利活動法人アートインスティテュート北九州助成:ポーラ美術振興財団、文化・芸術による福武地域振興財団後援:福岡県、北九州市、北九州市教育委員会、公益財団法人北九州活性化協議会、公益社団法人北九州市観光協会、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、西日本新聞社、日本経済新聞社北九州支局、NHK 北九州放送局、RKB 毎日放送、九州朝日放送、TNC テレビ西日本、FBS 福岡放送、TVQ 九州放送、FM KITAQ、FM FUKUOKA、クロスエフエム、LOVE FM協力:公益財団法人北九州国際交流協会、一般社団法人北九州青年会議所、社団法人北九州青年経営者会議、一般社団法人北九州中小企業経営者協会、北九州市市民文化スポーツ局文化スポーツ部文化政策課、北九州市にぎわいづくり懇話会、Kfa、GALLERY SOAP、東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科毛利嘉孝研究室、西日本工業大学、前田俊雄税理士事務所、九州大学院統合新領域学府ユーザー感性学攻を覚えました。「隠すべき」(とされている)情報が「露あらわ」になるとき、躊躇や恍惚の入り混じる独特な感情が生まれます。このように「隠す」と「見せる」の瀬戸際に欲望が生じるのはポルノグラフィの仕組みと同じで、そこに生まれる欲望は先天的に本能的に備わったものではなく、一定の文化環境の中で後天的に身に付けたものです。 …と、頭では理屈は分かっていても、やはり「隠された」ものを見たくなるのは人間の性というものでしょう。相手が個人であれ国家であれ。しや観光と結びつきながら祝祭的なムードで行われることが多い中、北九州国際ビエンナーレは社会的かつシリアスなテーマを扱う点で際立っており、さらに今回は北九州市のみならず複数の都市(ベルリン、釜山、東京、シンガポール)でも開催するなど、他に無い展開を見せています。 今回の北九州国際ビエンナーレは「i」(インフォメーション)のテーマの下、作品展示、上映会、トークイベント等が行われました。展示作品の一部は 現在、世界の各都市でビエンナーレ(またはトリエンナーレ)と称した現代アートの祭典が2年毎(または3年毎)に開催されています。国内では横浜トリエンナーレ、新潟・越後妻有アートトリエンナーレ、瀬戸内芸術祭、福岡アジア美術トリエンナーレ、別府・混浴温泉世界などが知られています。 北九州市では2007年から「北九州国際ビエンナーレ」がNPOアートインスティテュート北九州によって行われています。 通常のビエンナーレは町おこ