ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

「おくりびと」のテーマ曲の奏者・古川展生、北九州市出身の双紙正哉などによる弦楽四重奏団。入場料、指定席4000円、一般自由席3500円、U -25自由席2000円、ペア(自由席)6000円(当日各500円増、ペア券は前売りのみ)。(公財)北九州市芸術文化振興財団音楽事業課093(663)6661■スローシネマ『じんじん』でつながる人には、伝えなければならない事と受け止めなければならない事がある。絵本を通じて人の心の優しさと親子の絆が描かれている。そんな映画『じんじん』はスローシネマ方式でゆっくりと全国に広がっている。スローシネマとは映画館が地方都市から姿を消した今、映画館の公開だけに頼らず、実行委員会方式で上映会を行うこと。上映会を通して人と人がつながり、地域を元気にしたい! という地域の人達の想いが込められた新しい試み。あなたの街でもはじめませんか? まずは配給会社に相談を。㈱九州共同映画社スローシネマ『じんじん』係。092(741)7112 ■前橋汀ていこ子ヴァイオリン・リサイタル6月10日(火)午後6時30分開場、同7時開演。戸畑市民会館大ホール(戸畑区汐井町ウエルとばた内)。ドビュッシー「バイオリン・ソナタ」、クライスラー「中国の太鼓」、フォーレ「夢のあとに」など。入場料、S席5500円、A席4500円、高校生以下A席(労音事務局のみ取扱い)2000円。北九州労音(平日午後1時?同6時まで)093(571)0227■冨永裕輔コンサート6月14日(土)午後5時30分開場、同6時開演。北九州芸術劇場中劇場(小倉北区室町/リバーウォーク北九州6F)。平成25年度北九州市民文化奨励賞受賞記念公演として代表曲「ひまわりの花」等を歌う。全席指定。入場料、プレミアムシート5000円、一般3500円、中学生以下1000円。チケットはEメールで申込。会場名、名前、券の種類と枚数、住所、 情報コーナーCulCul の主な設置場所市内JR 駅、市民会館、市民センター、生涯学習センター、図書館、市内体育施設、北九州空港、男女共同参画センター・ムーブ、井筒屋、モノレール駅、レインボープラザ、北九州芸術劇場プレイガイド・インフォメーションなど電話番号を明記。ticket@tominagayusuke.netスタッフSho(受付午後6時30分?同9時)090(1051)9619■2014響シリーズ第2弾 ストリング・クヮルテットARCO6月29日(日)午後2時開場、同3時開演、北九州市立響ホール(八幡東区平野)。出演は第1バイオリン伊藤亮太郎、第2バイオリン双紙正哉、ビオラ柳瀬省太、チェロ古川展生。映画cYuji Hori c 野口賢一郎8アノを通しての人との出会いに関しては大変に恵まれているなと神様に感謝しています。ピアノをやっていたから出会えたというよりは、みんなと出会う為に、私はピアノをやって来たのではないかなと思うほどです。 美しい花には、美しい蝶や、かわいい鳥やミツバチ達が寄ってきます。人と人との美しい輪が、ピアノを通じて広がったらなあと思っています。の先生だったり、あるいはお母様が別の生徒さんのお母様の教え子だったり。偶然、レッスンで名前を聞いたり、顔を合わせたりして、「あーっ!」って事が度々あって、本当にびっくりします。その偶然かもしれないめぐり合わせをご縁に感じて、嬉しくなったり、有り難く思えたりできるのも、とても幸せなことです。 今までのピアノ人生を振り返ってみると、紆余曲折あり後悔する事ばかりですが、殊こと、ピ 〝世の中、広いようで狭い?とよく言われますが、人というのは本当に不思議な縁の中で生かされているなあ、としばしば感じます。私の所にピアノを習いに来てくれている生徒さん達も、不思議なほど繋がっているのです。生徒さんの親同士が、かつて学校の同級生だったり、お父様がほかの生徒さんの学校不思議に繋がる縁