ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

6Information『はなかっぱ』の夏まつり♪ 2014【開催期間】2014年7月19日(土)~8月31日(日)【会場】北九州市漫画ミュージアム企画展示室、あるあるCity催事場(北九州市小倉北区浅野2-14-5 あるあるCity5階)【開館時間】午前11時~午後8時(入場は午後7時30分まで)※無休で開館【入場料】中学生以上400円 3歳~小学生200円 2歳以下無料※アトラクション等は無料(一部除く)※特別展のためこども文化パスポート対象外【お問合せ】北九州市漫画ミュージアム 093(512)5077『はなかっぱ』の夏まつり♪ 2014 7月19 日(土)~8月31 日(日)  北九州市漫画ミュージアムでは、7月19日(土)から8月31日(日)まで、夏休み特別企画として「『はなかっぱ』の夏まつり♪ 2014」を開催いたします。これは、毎日小学生新聞で連載中の漫画や、NHKEテレで放映中のアニメでもおなじみ、あきやまただしの絵本作品『はなかっぱ』シリーズの原画ゾーン及び体験ゾーンをミックスした展覧会です。 この『はなかっぱ』という作品は、緑ゆたかな「やまびこ村」を舞台にした、頭に皿があるのではなく、花が咲くかっぱの一族のお話です。おじいちゃんは「はす」、おばあちゃんは「かすみそう」、お父さんは「ひまわり」、お母さんは「たんぽぽ」漫画hiroba若 狭 敏 彦北九州市漫画ミュージアム 企画係漫画と北九州Toshihiko Wakasaが咲いています。主人公のはなかっぱはまだ頭に咲かせる花が決まっておらず、ピンク色の「とりあえずの花」が咲いており、怒ったり喜んだりすることでいろいろな花が咲きます。中でも、大人になるまでに何度か咲くと言われている「わか蘭らん」は、食べると若返ると伝えられています。そんな「わか蘭」を狙って、ピチピチの若者に戻りたい黒くろ羽はね屋や蝶ちょうべえ兵衛が、弟子たちにあの手この手で悪巧みを指示しては、てんやわんやの大騒ぎを引き起こす、という展開が人気となっています。 2006年7月に原作絵本『はなかっぱ』が発行され、10年3月からNHK Eテレでアニメ放送を開始、13年4月には、初のアニメ劇場版『映画「はなかっぱ」花さけ!パッカ?ん♪蝶の国の大冒険』が公開され、「困難に立ち向かう勇気」と「友情」、「親子の絆」がギュッと詰まったストーリーが感動を呼びました。 『はなかっぱ』の魅力の一つはほのぼのとしていて、愛らしいキャラクターです。アニメになってからは、日曜を除いて毎日10分間の2本立て放送を続けています。それにもかかわらず飽きられることなく、子どもを中心に、その親世代にも広く愛されています。 また、『はなかっぱ』のテーマも魅力の一つです。各話ごとで様々なテーマに焦点が当てられ、「これが大切なんだよ」と子どもにも分かりやすく描かれています。実は、原作絵本ではエコロジー(地球環境問題)をテーマに描かれており、はなかっぱが汚れた水や空気に触れると頭の花がしおれてしまう描写があります。これまで公害問題など日本が直面する課題に他都市に先駆け取り組み、格段の成果を挙げてきた「環境未来都市」北九州市。市民としては、いっそう『はなかっぱ』に注目したい気持ちが湧いてきます。 今回の展覧会では、あきやまただし初の原画展開催という側面もあります。普段はあまり見ることのできない貴重な原画を見ることで、改めて色合いのきれいさや、キャラクターの魅力を再発見してもらいたいと思います。もちろん、体験ゾーンにおいて様々な夏の思い出を作っていただいても良いでしょう。ぜひ親子でお楽しみください!c2010あきやまただし/はなかっぱプロジェクトcあきやまただし催事情報を見る