ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

■2014響シリーズ第5弾ステイト・ブラス9月6日(土)午後2時開場、同3時開演。北九州市立響ホール(八幡東区平野)。シエナ・ウインド・オーケストラのトロンボーン奏者、郡恭一郎が2011年に立ち上げた金管10重奏団。トランペットのアンドレ・アンリほか、金管トッププレイヤーたちが集結。T・スザート「スザート組曲」、W・バード「オックスフォード伯爵のマーチ」など。入場料、指定席3500円、一般自由席3000円、U -25 自由席1500円、ペア(自由席)5000円(当日各500円増、ペア券は前売りのみ)。(公財)北九州市芸術文化振興財団音楽事業課093(663)6661■第5回湧き上がる音楽祭【コンチェルト演奏会】8月10日(日)午後3時開演。同11日(月)午後7時開演。北九州市立響ホール(八幡東区平野)。入場料、各1500円。【室内楽演奏会】8月20日(水)?22日(金)午後7時開演。戸畑市民会館中ホール(戸畑区汐井町)。入場料、各1000円。【独創企画演奏会】8月24日(日)。午後2時開演。北九州芸術劇場小劇場(小倉北区室町/リバーウォーク北九州6F)。入場料、一般2500円、高校生以下1500円。(当日各500円増)※各日各公演とも開場時間は開演時間の30分前。全て全席自由。北九州国際音楽祭市民企画委員会(蒲ヶ原)080(2732)2532■チャイコフスキー『白鳥の湖』キエフ・クラシック・バレエ8月8日(金)午後6時開場、 情報コーナーCulCul の主な設置場所市内JR 駅、市民会館、市民センター、生涯学習センター、図書館、市内体育施設、北九州空港、男女共同参画センター・ムーブ、井筒屋、モノレール駅、レインボープラザ、北九州芸術劇場プレイガイド・インフォメーションなど同6時30分開演。アルモニーサンク北九州ソレイユホール(小倉北区大手町)。出演はキエフ・バレエよりナタリア・ラゼーブニコワ(プリンシパル)、ミキタ・スホルコフ(ソリスト)。全席指定。入場料、6500円。3歳以下入場不可。CARAVAN092(732)8858昨年8月11日コンチェルト演奏会キエフ・クラシック・バレエ「白鳥」郡 恭一郎8アノがあれば僕には何も必要ありません―そう、音が語っている。とにかく、音が歌うのです。なんて誠実な演奏なんだろう。これだけキャリアがありながら、デビューしたての頃となんら変わりのない無む垢く な表情。天使のようです。お客様への慣れない笑顔のサービスも、彼の純粋さそのものが伝わって、胸を打ちました。興奮とは別の、充実した時の流れ。すっかり私の心も浄化され、会場を後にしました。で無い。全身全霊、自分の持つすべてを捧ささげて演奏しているのが、顔から手から伝わってくるのです。そして、彼の音が泣くのですよ。もう感動してしまって、テレビで観ながら、思わず涙してしまった私。「次にキーシンが来日したら、絶対、聴きに行く」と決心したのです。 高いチケット代にこれまた涙し、しかし、生を聴けば、ただただ「行って良かった!」の一言。 ―ピアノを弾く事が、僕にはこんなに幸せな事なのです。ピ エフゲニー・キーシンのコンサートに行って来ました。彼の演奏を生で聴くのは初めてです。神童と呼ばれ、10歳でデビューした彼も、もう42歳。40歳を過ぎてからの演奏は、さらにパワーアップしたようです。約2年前、「N響アワー」で聴いたショパンのピアノ協奏曲。音の一つ一つに込められたエネルギーが半端エフゲニー・キーシン