ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

2小学4年生)が中心となって、山笠を引きながら町中を回ります。このお祭りは元服の流れを残し、「子どもゑびす」を終えた子どもたちは次年度の祇園祭で大人たちと一緒に山笠を引けるようになります。 このような木屋瀬独特の歴史を楽しく学べるという事で、地元の小学校では教材として使用しています。歌留多大会では学校で学んだ事を生かして、たくさんの小学生が参加します。会場は、木屋瀬宿記念館内の多目的ホール「こやのせ座」。子どもの部(小学生以下)と一般の部(中学生以上)に分かれ、トーナメント方式で3位まで順位を決めます。歌留多1セットおのおのに審判が付き、3人から5人で対戦します。 歌留多の絵柄を毎年一つ「今年の絵柄」として記念品の手ぬぐいや、優勝者などに渡すトロフィーに入れ込みます。今回の絵柄は「か 川に白帆の かわ 木屋瀬宿記念館では、毎年1月に「木屋瀬いろは歌留多大会」を行っています。 木屋瀬いろは歌留多とは、木屋瀬の歴史や文化を題材とした歌留多で、北九州市誕生の功労者でもある岩尾四よそさぶろう十三郎が描いた絵葉書を元に作成しています。 岩尾四十三郎(1910年?82年)は、木屋瀬本町の造り酒屋岩井屋に生まれました。木屋瀬町会議員学務委員(40年)や八幡市議会議員(55年)等を務め、生涯の大半を地方の政治に力を注ぎ、北九州市の誕生の立役者となりました。また、木屋瀬の歴史や文化の保存の継承・育成にも力を入れられていまし21 北九州市立長崎街道木屋瀬宿記念館【開館時間】(入館は午後5時まで)午前9時~午後5時30分【休館日】月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)年末年始(12月29日~1月3日)【入館料】一 般  200円(160円)高校生  100円(80円)小・中学生 50円(40円)【お問合せ】北九州市八幡西区木屋瀬3の16の26093(619)1149Information歌留多 か◯木屋瀬いろは歌か留る多た大会学芸員髙 田 佳 奈Kana Takata歌留多 ◯や歌留多大会木屋瀬いろは歌留多大会平成27年1月11日(日)午前10時~午後1時こやのせ座(木屋瀬宿記念館)参加無料※事前申込必要Eventひらた」で、かつて遠賀川を2000隻行き交ったといわれる川ひらた(浅瀬用の川舟)が描かれています。 どなたでも参加出来ますので、木屋瀬宿記念館にぜひ足をお運びください。た。 四十三郎が入院した時に、毎日のように孫に宛てた絵葉書が木屋瀬いろは歌留多の元となったもので、木屋瀬ならではの風物や伝統・伝承などを織り込み作成されています。 例えば、木屋瀬地区で毎年夏頃に行われる祇園祭や冬に行われる恵比須祭などを題材としたものがあります。・き 祇園の山笠は半飾り・や 山笠は笹ささ山笠 恵比須山笠 「祇園の山笠は半飾り」は、江戸時代から続く木屋瀬の祇園祭に向けて除々に完成していく山笠の様子を表したものです。町中から紙などの材料を持ち寄って飾り付けしていた当時と同じように、現在でも地域の方々が手作りで山笠を作成しています。 「山笠は笹山笠 恵比須山笠」は、「子どもゑびす(毎年12月第1土日で開催)」で子どもたちが引く「笹山」を題材にしたもので、数え年で11歳(現在の歌留多 ◯き催事情報を見る