ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

■小松亮太スペシャルトリオ3月15日(日)午後2時30分開場、同3時開演。北九州芸術劇場中劇場(小倉北区室町/リバーウォーク北九州6F)。今回はバンドネオン小松亮太、コントラバス田中伸司、ギターのレオナルド・ブラーボのスペシャルトリオで登場。全席指定。入場料、S席5400円、A席4000円、B席3000円。未就学児入場不可。北九州労音093(571)0227■北九州ユース室内管弦楽団第2回定期演奏会 ジョン・ルイス作曲 ヨーロッパの窓3月15日(日)午後1時30分開場、同2時開演。黒崎ひびしんホール大ホール(八幡西区岸の浦)。出演は、北九州ユース室内管弦楽団、木屋瀬中学校吹奏楽部、地元北九州市在住のサックスプレイヤー田部俊彦ほか。幻のジャズ組曲「ヨーロッパの窓」を初演、50年代のジャズが甦る。全席自由。入場料、一般2500円、友の会2000円、高校生以下1500円。■第18回チャリティースプリングコンサート3月29日(日)午後2時15分開場、同3時開演。北九州芸術劇場大ホール(小倉北区室町/リバーウォーク北九州6F)。指揮は沖澤のどか。2部構成で、J.H.ロマン「オーケストラのための組曲」ほか、団員自ら企画したステージを届ける。全席自由。入場無料(要整理券)。整理券は大手町練習場(小倉北区大手町/大手町ビル9F)にて3月2日(月)より配布開始。北九州市ジュニアオーケストラ事務局093(583)5282■北九州芸術劇場+市民共同創作リーディング「Re:北九州の記憶」2月28日(土)と3月1日(日)。共に午後1時30分開場、同2時開演。北九州芸術劇場小劇場(小倉北区室町/リバーウォーク北九州6F)。北九州で暮ら 情報コーナーす高齢者の中に眠っていた、ささやかな話からヒントを得て生まれた八つの物語が舞台上で甦ります。全席自由。入場料、500円。未就学児入場不可。北九州芸術劇場093(562)2655『小松亮太スペシャルトリオ』チラシ「Re: 北九州の記憶」(2013)撮影:藤本彦黒崎ひびしんホール093(621)4566『ジョン・ルイス作曲 ヨーロッパの窓』チラシ8 ※ 演奏におけるテンポやリズムを意図的に変化させてしまう音楽上の表現方法。く照らせば、より高く飛翔できると。だから、彼女の演奏するモーツァルトやベートーヴェンなどの作品は圧倒的。音色の多彩さ、息づかい、考え尽くされた自然なアゴーギク※ 、挙げたらきりがない。耳にタコができるほど聴いた曲でも、彼女が演奏すると初めて聴いた曲のように新鮮で、本来の曲の姿を示してくれます。そんな彼女が、公開レッスンで学生に何を語り、何を要求するのか。想像するだけで…しびれます。して公開レッスンの3本立て。贅ぜいたく沢。 ピアノ教育連盟が行う公開講座の特別講師として招しょうへい聘され、テーマは「古典と向き合う」。〝エリソ様?にとってぴったりなテーマです。「大切なのは、急がず、古典にしっかり向き合うこと。そうすれば、あとはどこへでも羽ばたける」と常日頃から古典音楽の大切さを説いておられる〝エリソ様?。古典は音楽の基礎であり、真髄なのです。足下を確かに築けば、明る 昨年の2月号に、「エリソ・ヴィルサラーゼ」さんの事を書きました。私の最も尊敬するピアニスト。昨年は2度来日され、ソロ2回、協奏曲を2回聴く事が出来ました。これで今後10年は頑張れるぞ! と思っていたら、再来日決定! 神様ありがとう! 3月、東京でソロコンサート、公開インタビュー、そ〝エリソ様?再来日決定!催事情報を見る