ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

6『マーガレット』『別冊マーガレット』50年の歴史をたどる展覧会漫画hiroba柴 田 沙 良北九州市漫画ミュージアム 学芸員漫画と北九州Sara Shibata 北九州市漫画ミュージアムでは、3月14日より展覧会「わたしのマーガレット展?マーガレット・別冊マーガレット 少女まんがの半世紀?」を開催しています。数多くの読者の心を捉える作品や作家を生み出してきた集英社2誌の歩みを主に原画資料を元にたどっています。それは1960年代から現在に至るまで、約50年にわたる長い道行き※ です。雑誌の刊行年数は人の年齢とは単純に比較しづらいですが、人が年ごとに経験を積み重ねるように、『マーガレット』『別冊マーガレット』も50年間を通じて、少女漫画の歴史に厚みを加えてきました。 『週刊マーガレット』(マーガレットは後に隔週刊)に掲載されたわたなべまさこの『ガラスの城』はマリサとイサドラという姉妹として育った少女たちのドラマチックなストーリー。わたなべは創刊時からの執筆メンバーで、この作品は第16回小学館漫画賞を受賞しました。 現在『マーガレット』で『FフルullDドーザーozer』を連載している小村あゆみの『うそつきリリィ』には、なんと女装が似合う男子高校生が「自分よりかわいい」と主人公を嘆かせるほど美しく、勇ましく登場します。主人公とその相手役となる男子のキャラクター設定は作家によってさまざまですが、小村作品は男女を問わず真っすぐなまなざしの描線が印象的です。 また、かつての掲載作品には、バレエマンガのように、夢への連続的な挑戦、自己への挑戦が取り上げられる作品もあります。今回の出展作家の一人、有吉京子『SWAN -白鳥-』はバレエマンガの名作の一つです。 実写化で人気を博す、咲さきさか坂伊い緒お『アオハライド』『ストロボ・エッジ』の原画にも注目。原作の漫画と俳優たちが演じる映画は別個の作品とも受け取れますが、原画をご覧いただくと一層作品の魅力が増すことでしょう。 今回は、展覧会だけのオリジナルグッズも発売します。展覧会会場で懐かしい作品に接する方も、初めて漫画の原画をご覧になる方も、等しく少女漫画の世界を楽しんでいただけたらと思います。『ガラスの城』c わたなべまさこ『アオハライド』c 咲坂伊緒/集英社『うそつきリリィ』c 小村あゆみ/集英社『イタズラなKiss』c 多田かおる/ミナトプロ・エムズ※ 事の経過、道のり。わたしのマーガレット展~マーガレット・別冊マーガレット 少女まんがの半世紀~【開催期間】3月14日(土)~5月17日(日)【場所】北九州市漫画ミュージアム企画展示室(あるあるCity5F)【開館時間】午前11時~午後7時(入館は午後6時30分まで)【休館日】毎週火曜日(ただし3月31日、5月5日は開館)【入館料】一般800円 中・高生400円 小学生200円【常設展とのセット券】一般1000円 中・高生500円 小学生250円【お問合せ】北九州市漫画ミュージアム 093(512)5077Information小村あゆみサイン会開催(事前申込制・4月6日まで受付)【日時】4月29日(水・祝)午後2時~同4時詳細は漫画ミュージアムホームページhttp://www.ktqmm.jp/または093(512)5077までEvent催事情報を見る