ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

5 CulCul美術hiroba 重 松 知 美美術館へ行こう!北九州市立美術館 学芸員Tomomi Shigematsu 北九州市立美術館本館は昨年、開館40周年を迎えました。 そして今年9月から、美術館本館は初めての大規模修繕工事を行うため休館に入りました(市民ギャラリーは12月まで開館します)。2年間の休館を経て、リニューアルオープンは2017年11月を目指します。 さて、今回は修繕工事に入る美術館本館の建物について、お話ししたいと思います。1963年、5市(門司市、小倉市、若松市、八幡市、戸畑市)の合併によって北九州市が誕生し、新市誕生に伴い設立が計画されたのが北九州市立美術館(現在の本館)でした。建設地は市のほぼ中心、戸畑区と八幡東区の境界にあたる高見丘陵が選ばれました。美術館の前身である八幡市美術工芸館(1958年開館、63年北九州市立八幡美術館に改称)のコレクションを引き継ぎ、現在では国内外の近現代美術を主軸とした約7500点を所蔵しています。 設計は磯崎新(1931年?)。ポストモダン建築の旗手として世界的に活躍する磯崎が、初めて設計した美術館建築であり、現在では初期の代表作の一つに数えられています。 一辺9・6mの正方形を基本ユニットとし、それを組み合わせることで建築物の形が構成され、またシンメトリーな配置によって内観と外観が形成されています。洞海湾を正面に北向きに設置され、展示室以外の多くの部屋が斜面の土中に埋められているため、6階建(地上4階、地下2階)でありながら、3階の高さに相当するフロアをエントランスホールとして中心に据えるというユニークな構造です。 丘の傾斜面から2本の直方体型の筒(3階コレクション展示室にあたるスペース)が前方に大きく迫り出す形が特徴的なことから「丘の上の双眼鏡」の愛称で、地域のランドマークとして親しまれています。 戸畑の美術館本館は皆さまとしばらくお別れですが、小倉・リバーウォーク北九州にある美術館分館は引き続き開館しています。これからもさまざまな展覧会を開催して皆さまのご来場をお待ちしています。2017年、新しい北九州市立美術館本館でお会いしましょう!美術館本館 修繕工事休館のお知らせ磯崎新 設計「北九州市立美術館」1974年。87年に東側にアネックス棟を増設建設中の北九州市立美術館1階エントランスホールInformation【会場】北九州市立美術館 分館(リバーウォーク北九州5F)【会期】9月19日(土)~11月3日(火・祝)※ただし10月13日(火)は休館【開館時間】午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)【観覧料】一般1000(800)円 高大生600(400)円 小中生400(300)円※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金障害者手帳提示の方は無料【お問合せ】093(562)3215ムルロ工房と20世紀の巨匠たち―パリが愛したリトグラフ2015. October催事情報を見る