ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

北九州市立いのちのたび博物館北九州市立長崎街道木屋瀬宿記念館北九州市立小倉城庭園小倉城北九州芸術劇場北九州市立文学館北九州市立松本清張記念館常設展常設展特別展「医は仁術」?解体新書からiPS細胞まで(~1/11)マンガやドラマで話題の「仁? J I N ?」。舞台となった江戸時代の医学に関する史料約250点を大公開!江戸時代に宿場町として栄えた木屋瀬の歴史や文化に触れ、当時の暮らしを体験することが出来ます。北九州市立埋蔵文化財センター江戸時代に築かれた蟹喰町(かにはみまち)の初めての調査成果を展示します。川沿いの低い屋敷地の様子や坂上門へと続く坂道など、見所満載です。江戸時代初頭、現在の小倉城庭園に屋敷を構えた松井家の文書や家宝である鎧兜など紹介します。城下町小倉の歴史や文化、当時の藩主であった細川家や小笠原家の貴重な資料を展示しています。北九州の街の匂いの群像劇として、話題を呼んだ舞台「彼の地」が(2/2~7上演)再演決定!関連企画展を行います。森?外旧居文豪・森?外が小倉に赴任した際に1年半居住した家です。小説「鶏」はこの家を舞台にして書かれました。レトロの街の映画・芸能資料館 松永文庫洋画名作資料展後世に語り継がれる感動の洋画名作のポスタ?、パンフレット等、約150点を展示します。第21回 特別企画展ブンガク最前線-北九州発         (~1/11)リリー・フランキーさん著「東京タワー」自筆原稿他、北九州ゆかりの作家の資料約400点を展示しています。清張を育んだ豊かな世界文学について紹介。直筆資料や、海外で翻訳出版された清張作品も、必見です。北九州市立美術館 分館描かれた女たち?女性像にみるフォルム/現実/夢本展では日本洋画の近現代の作家たちが描いた女性像に焦点を当て、表現の多様性や美意識の変遷を探ります。北九州市漫画ミュージアムマンガを「描く」「人に見せる」「たのしむ」という、マンガの本質的な営為に着目し、優れたマンガ家たちの卓越した作画技術とともに、マンガ家を生み出した環境や背景にも焦点を当てた、これまでにない視点のマンガ展覧会です。銀箔押尖笠形兜 松井文庫所蔵cさいとう・たかをcKIYOHIKO AZUMA/YOTUBA SUTAZIOスタンプラリー実施 !! 北九州市の12施設のうち2カ所のスタンプを集めると抽選で賞品が当たります。これに加えて、福岡市の3館(福岡市美術館・福岡アジア美術館・福岡市博物館)のうち1カ所のスタンプを集めるとさらに素敵な「福北連携賞」に応募できます。スタンプラリーに関する詳細はP9をご覧ください。この事業は、北九州市・福岡市両都市の交流を深め、互いの文化施設の魅力を発信し、芸術文化の振興に寄与するものとして福岡市の「冬のおとなミュージアム 秘密-かくす・のお問合せは・・・ 北九州市文化企画課まで TEL 093-582-2391 ぞく・あばく」事業と連携しています。『描く!』マンガ展~名作を生む画技に迫る?    描線・コマ・キャラ~(~1/24)かセカイブンガクと  セイチョウブンガク(1/16~)世界文学清張文学北九州芸術劇場プロデュース「彼の地」企画写真展(5Fアートライブラリー)埋蔵文化財発掘調査速報展「大手町遺跡第13地点」松井文庫の名品展-細川藩家老松井家と小倉-常設展61 2449ページへ