ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

236 北九州芸術劇場劇団☆新感線とは 福岡県出身の演出家いのうえひでのり率いる劇団☆新感線は、爆発的な観客動員数を誇る、国内屈指の人気劇団。観客による「北九州に呼んでほしい劇団」でも常に名前が挙がります。その魅力は、古田新太をはじめとする実力派の役者陣。さらにコンサート並みの派手な照明と大音量の音楽、観客の目を奪う大掛かりな美術、ダイナミックな立ち回りと、ライブ感あふれるいのうえの演出は、従来の演劇ファンを超え、幅広い層から支持を集めています。劇団☆新感線の人気シリーズ・いのうえ歌舞伎 ストーリー性の高いものからコメディ色の強いものまで、さまざまな作品を発表してきた劇団☆新感線。今回上演されるのは、1986年以降続く〝いのうえ歌舞伎?シリーズの最新作です。〝いのうえ歌舞伎?は、神話や史実をモチーフに、日本固有の舞台表現である歌舞伎をいのうえ風にアレンジしたもの。ロックやメタル音楽を歌舞伎と融合し、奇抜な演出で観客の度肝を抜く、ケレン味あふれる時代活劇が魅力です。近年は作中の登場人物が繰り広げる人間ドラマにより重きを置き、人間の業を浮き彫りにする作品づくりで新たな境地に挑んでいます。新作『乱鶯』の世界 先日、北九州芸術劇場で行われた会見で、新作について語ったいのうえと古田。「いのうえ歌舞伎《黒》BLACK」と銘打たれた新作『乱鶯』は、ブラックコーヒーのようにビターで大人の魅力を加えた作品になりそうです。従来の遊び心あふれる少年漫画的な作風とは異なる、リアルで本格的な時代劇を目指すといういのうえからは、「クリント・イーストウッドによる渋い西部劇のような時代劇を…」との発言も。 戯曲を手掛ける倉持裕は、蜷川幸雄演出作品にも戯曲を提供するなど、活躍目覚ましい若手劇作家。劇団☆新感線の看板役者・古田新太いわく、「落語のような絶妙なせりふの掛け合いが魅力」というその世界観に期待が膨らみます。 気になる物語の舞台は江戸。弱きを助け強きを挫く盗賊の頭・鶯の十三郎(古田新太)は、悪徳奉行・黒部源四郎(大谷亮介)の罠にはまり仲間を失い、自身も瀕死の傷を負います。そんな十三郎は幕府目付の小橋貞右衛門(山本亨)に命を救われ、居酒屋「鶴田屋」の夫婦の世話になることに。やがて時は流れ、過去を隠し鶴田屋の板前として生きる十三郎の前に、かつての恩人・貞右衛門の息子・勝之助(大東駿介)が現れます。御先手組組頭としてとある盗賊を追う勝之助に手柄を取らせようと、再び立ち上がる十三郎。しかしそこで待ち受けていたものは…。 闇の世界に生きた人間が、かつての恩を返すため、そして愛する人のために再び戦うという普遍的な人間ドラマに、大人の恋愛とサスペンス色を加えた劇団☆新感線の新境地。今年50歳になる古田新太による派手な立ち回り、そして「鶴田屋」の女将(稲森いずみ)との淡い恋、若手俳優・大東駿介とのデコボココンビも見どころです。ファンにとっては、劇団☆新感線の役者陣が久しぶりにそろう点もうれしいところ。舞台の魅力を存分に堪能できる劇団☆新感線の本格派時代劇にどうぞご期待ください。2016年劇団☆新感線春興行いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』観客が選ぶ、北九州に呼んでほしい劇団No.1劇団☆新感線の公演が13年ぶりに実現!宣伝営業課 広報係 岩 本 史 緒 Fumiwo Iwamoto2016年劇団☆新感線春興行 いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯(みだれうぐいす)』【作】倉持裕 【演出】いのうえひでのり【出演】古田新太、稲森いずみ、大東駿介、清水くるみ、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、山本亨、大谷亮介 他【会場】北九州芸術劇場 大ホール 【チケット料金(全席指定・当前共通)】 S席13000円、A席9000円、ユース席3500円※24歳以下・要身分証提示 高校生〔的〕チケット1500円※劇場窓口前売りのみ・要学生証提示・枚数限定・土日公演のみ【チケット取扱い】北九州芸術劇場プレイガイド・オンライン・電話093(562)8435 他◎購入枚数制限あり:1人1公演につき4枚まで ◎未就学児入場不可、託児有(有料・定員有・要予約)【お問合せ】北九州芸術劇場 093(562)2655 (開場は開演の30分前)Information5月 8日(日) 9日(月) 10日(火)休 演11日(水) 12日(木) 13日(金) 14日(土) 15日(日) 16日(月)午後12時30分午後2時午後6時くじcいのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』/松竹・ヴィレッヂ・劇団☆新感線