ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

6 学習マンガというと、小学校の図書室にあった歴史、偉人たちを描いたマンガを連想するでしょう。しかし、従来とはまた違う視点から選ばれた「学習マンガ」が、昨年発表されました。 「これも学習マンガだ!?世界発見プロジェクト?」(以下、「これも学習マンガだ!」)というプロジェクトは、普通の娯楽作品として発表されたマンガの中にも、学習に役立つ要素があることに注目。そして、読者が社会やさまざまな事柄に関心を持つきっかけになる作品を、マンガ家や評論家、研究者が選定。選ばれた100作品を「新たな学習マンガ」として提案しています。活字のみの学習本より、マンガの持つ「楽しさ」「親しみやすさ」「分かりやすさ」「共感力」によって、より深くテーマを理解することができるのではないでしょうか? この100作品は、文学、芸術、社会、歴史、職業、スポーツなど11のジャンルに分類されています。例えば、音楽大学を舞台にした、二ノ宮知子『のだめカンタービレ』は「芸術」のジャンルに分類されています。音楽の楽しさ苦しさ、奥深さを知り、クラシック音楽に触れるきっかけを作ってくれる作品です。また、異彩を放っているのが、「社会」に入っている、さいとう・たかを『ゴルゴ13』。裏世界で活躍する狙撃手(スナイパー)の話がどうして学習マンガに? その理由として、「雑誌掲載時には、時事ニュースとして、単行本化された後は、社会情勢の歴史の教科書として、時代の裏側から世界で起きていることを学ぶことができる貴重なマンガである」と選書委員である山内氏は話しています。 また、特徴的なのが「多様性」というジャンル。選書委員山内氏も「多様性」というジャンル名を付けるのが難しかった、と話すそれは、さまざまな価値観、アイデンティティーを持った人々と共存していく作品を紹介しています。アスペルガー症候群と公言されている作家、沖田×華の半生を描く『ガキのためいき』は、自身の症状や特徴、できること、苦手なことをユーモラスに描いていて、アスペルガー症候群について理解が深まる作品です。 北九州市漫画ミュージアムでもプロジェクトに協力し、特設コーナーを作って作品を月替わりで紹介しています。また去る3月12日には、図書館や学校図書室の司書を対象としたワークショップとトークショーを行いました。ワークショップでは、テーマに合うマンガ作品を選んでマンガ展示コーナーを作り、トークショーでは、「これも学習マンガだ!」を選書する際のポイントや漫画ミュージアムの選書基準、さらに今後の展開なこれも学習マンガだ! ?世界発見プロジェクト?  漫画hiroba 古 川 清 香北九州市漫画ミュージアム 図書担当漫画と北九州Sayaka Furukawaど聞くことができました。「本を選ぶこと」について一緒に考えるいい機会になりました。 マンガを通じて「楽しみながら学ぶ」を継続的に推進していくこのプロジェクト、今後の展開も楽しみです。「これも学習マンガだ!」はこちらのホームページから詳細をご覧いただくことができます。http://gakushumanga.jp/選書理由やニュースも載っています。ぜひアクセスしてみてください!ワークショップの様子『これも学習マンガだ!』チラシ特設コーナーInformation【開館時間】午前11時~午後7時(入館は午後6時30分まで)【休館日】毎週火曜日(休日の場合はその翌日)【常設展入館料】一般400円(320円) 中高生200円(160円)小学生100円(80円) 小学生未満無料※(  )は団体料金【年間パスポート】一般2000円 中高生1500円小学生1000円【お問合せ】093(512)5077おきたばっか