ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

4【開催期間】10月22日(土)~12月4日(日)※月曜日休館※10月22日(土)の展示室入場は10時30分以降【観覧料】大人700円 中高生200円 小学生100円【開館時間】午前9時30分~午後6時(入館は午後5時30分まで)【お問合せ】北九州市立文学館 093(571)1505Information 北九州市立文学館では今秋、開館10周年を記念して、第23回特別企画展「没後20年 司馬?太郎展―21世紀〝未来の街角?で」を開催いたします。 司馬?太郎は『梟の城』で第42回直木賞を受賞し、『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など戦国、幕末、明治の時代を描いた傑作を数多く執筆しました。小説とともに『街道をゆく』『この国のかたち』など、日本の祖形を探り、日本人とは何かを考えつつ、文化・文明論を展開しました。司馬作品は没後20年を経てなお多くの読者に読み継がれています。本展覧会のタイトルは、小学6年生の教科書用に書き下ろした『二十一世紀に生きる君たちへ』の一文から採られました。〈もし、「未来」という街角で、私が君たちを呼び止めることができたら、どんなにいいだろう。/「田中くん、ちょっとうかがいますが、あなたが今歩いている、二十一世紀とは、どんな世の中でしょう。」〉司馬はこのように問いかけ、自らの未来への想いをつづりました。本展では、展覧会の会場を〝未来の街角?と位置付け、作家・司馬?太郎からの現代への問いかけと、現代・未来を生きるためのヒントを受け取る場と考えています。 展覧会は、プロローグとして産経新聞に1335回連載された「竜馬がゆく」の紙面の全てを貼り付けたトンネルから始まります。まさしく「竜馬がゆく」に満たされた空間を通り、司馬?太郎の世界へ入ってゆきます。 初めは〈16世紀の街角〉です。司馬作品のうち、戦国時代のものを取り上げます。梟雄・斎藤道三を描いた斎藤道三編と、その娘婿である織田信長を明智光秀の視点で描いた織田信長編の二編からなる『国盗り物語』、豊臣秀吉の軍師として名を馳せた黒田官兵衛の生涯を描いた『播磨灘物語』、徳川家康と石田三成の天下分け目の合戦に至る経緯を、諸大名の内情を踏まえて描いた『関ヶ原』などの作品について、自筆原稿、掲載誌のほか、描かれた時代の歴史資料なども併せて展示します。 続いて〈19世紀の街角〉では、幕末、明治期を描いた作品を取り上げます。坂本竜馬を描いた『竜馬がゆく』、新選組副長、土方歳三の生涯を描いた『燃えよ剣』、薩摩藩の西郷隆盛、大久保利通の友情と対立から西南戦争までを描いた『翔ぶが如く』。そして、秋山好古、真之兄弟と正岡子規の友情を軸に近代化を目指す人々のいた明治という時代を、日露戦争を含めて立体的に捉えた『坂の上の雲』などの作品を取り上げます。 次に〈21世紀の街角〉では、文化・歴史の側面から「日本」を捉えた『この国のかたち』、日常を描いたエッセイ『風塵抄』、そして、司馬のライフワークとなった、紀行文『街道をゆく』を取り上げます。 その他、司馬?太郎という作家を感じていただけるコーナーも設置し、直木賞受賞作『梟の城』を執筆した机なども展示いたします。 最後に、この展覧会のタイトルの基となった『二十一世紀に生きる君たちへ』を全文掲載いたします。ここから司馬?太郎のメッセージを来場者の皆さまに受け取ってもらえればと思います。併せて、東大阪市の司馬?太郎の自宅と司馬?太郎記念館をパネルでご紹介します。司馬?太郎と九州との関わりを写真とともに紹介するコーナーも設置予定です。 この秋、本展でぜひ、作家・司馬?太郎の世界に触れてください。文芸hiroba 稲 田  大 貴北九州市立文学館 学芸員Daiki Inadaようこそ文学館へ没後20年 司馬?太郎展 ―21世紀“未来の街角”で司馬?太郎 撮影:井上博道※写真は全て司馬?太郎記念財団提供 司馬?太郎の著作(一部)きょうゆうはよしふるさねゆき