ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

※催しは内容など変更になる場合がございますので、必ず各問合せ先または各施設にお問い合わせください 8■レ・フレール アンソロジー10月29日(土)午後2時30分開場、同3時開演。黒崎ひびしんホール大ホール(八幡西区岸の浦)。出演は斎藤守也(兄)と斎藤圭土(弟)の兄弟によるピアノデュオ。共に15歳からルクセンブルク国立音楽学校に留学。独創的な楽曲とピアノプレイスタイル「キャトルマンスタイル」を兄弟2人で確立。1台のピアノを4手連弾で自在に操る彼らを見逃すな! 一般4800円、高校生以下4000円、ペア券(一般2枚)9000円。当日各500円増。※3歳未満1名まで保護者膝上無料、3歳以上または座席が必要な場合はチケットが必要。黒崎ひびしんホール093(621)4566■前橋汀子カルテット10月19日(水)午後6時30分開場、同7時開演。戸畑市民会館大ホール(戸畑区汐井町ウエルとばた内)。出演はバイオリン前橋汀子・久保田巧、ビオラ川本嘉子、チェロ原田禎夫。豪華演奏者によるカルテットのオール・ベートーベン・プログラム。弦楽四重奏曲第2番ト長調『挨拶』、第11番ヘ短調『セリオーソ』など。入場料、SS席6000円、S席4800円、A席3800円、U-25A席2000円。SSとU-25席は労音事務局のみ取り扱い。未就学児入場不可。北九州労音093(571)0227■島田亜希子マリンバコンサートVol.1010月6日(木)午後6時30分開場、同7時開演。北九州芸術劇場小劇場(小倉北区室町/リバーウォーク北九州6F)。出演はマリンバ島田亜希子、ピアノ広瀬美香、パーカッション冨田篤・山口大輔・大場章裕。今回で10回目を迎えたコンサート。演奏はもちろん、回を重ねる度に進化するパフォーマンスにも注目したい。予定曲はバッハ「ゴルトベルグ変奏曲より No.19」、サラサーテ「チゴイネルワイゼン」、ティエリー・ドゥ・メイ「机の音楽」、堀本和総「光」など。全席自由。入場料、2000円。当日500円増。島田亜希子090(3882)4445 今度はソルトレイクに行ってきました。ジーナ・バッカウアー・ジュニアピアノコンペティション。4年に1度のコンクールです。12?14歳の部門。11カ国で予備予選が行われ、突破した25人の精鋭が集まりました。 このコンクールでは、コンテスタントは全員一般家庭にホームステイをします。それぞれのCulCul の主な設置場所各区役所・出張所、市内JR駅、市民会館、市民センター、生涯学習センター、図書館、北九州空港、男女共同参画センター・ムーブ、井筒屋、モノレール駅、レインボープラザ、北九州芸術劇場プレイガイド・インフォメーション、響ホールなど『レ・フレール アンソロジー』チラシ『前橋汀子カルテット』チラシ『島田亜希子マリンバコンサートVol.10』チラシ受け入れ先は、コンクール事務局が決めます。私たちのホストさんは、一人暮らしの男性。いやはや大変でしたよ。お家には1匹の猫が。私も生徒も残念ながら猫は苦手で、その上ネズミをくわえてくる。あちこちゴキブリも走っています。家は修理中で、床には木くずが散乱、テーブル・机・ソファーの上には物が散乱。テーブルを拭くと布巾は真っ黒。一番困ったのが、着いて早々ピアノの練習を始めると、横に張り付いてダメ出しを始めたこと。これがしつこいの何の。もっともなことをおっしゃってくださるのですが、コンクール直前なんですね。生徒は泣きそうな顔しているし、必死に片言英語で「やめてください」と何度も訴え、もう私はクタクタ。とどめは夜のシャワー。熱湯しか出ない!(修理して翌日からまともに)。3日目くらいには慣れてきて、最後には仲良くなりましたけど。 さて、肝心のコンクールについては、次号で。コンクール、その前に大変なホームステイ ホームページの閲覧とアプリのダウンロードはこちらからApp Storeのアプリから■ iOS の場合http://www.kitakyushu-culcul.jp北九州市文化芸術メディアサイトCulCu・l かるかるCかるかるulCul Culture&Cultivateもりやけいとかずふさていこ■Andoroid の場合Play ストアのアプリからかるかる で検索、インストール!!「CulCu・l かるかる」をスマートフォンアプリで楽しもう♪