ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

北九州市芸術文化情報誌「CulCul」・ 「かるかる」  発行/北九州市、(公財)北九州市芸術文化振興財団 出版事業課

6漫画hiroba古 川 清 香北九州市漫画ミュージアム 図書担当漫画と北九州Sayaka Furukawa 新年を迎え、気持ちも新たに、いろいろな企画展や漫画紹介を繰り広げたいと思います。本年も北九州市漫画ミュージアムをよろしくお願いいたします。 さて、2015年から日本財団の主催で行われている「これも学習マンガだ!?世界発見プロジェクト?」が、昨年さらに50点の作品を追加。全150点にパワーアップして展開されています。 「これも学習マンガだ!?世界発見プロジェクト?」(以下、「これも学習マンガだ!」)は、普通の娯楽作品として発表されたマンガの中にも、学習に役立つ要素があることに注目。そこから、読者が社会やさまざまな事柄に関心を持つきっかけになる作品を、マンガ家や評論家、研究者が選定し、選んだ150作品を「学べるマンガ」として提案しています。 選ばれた150作品は、文学、歴史、職業、科学・学習、スポーツなど11のジャンルに分類されています。今回新たに加わった50作品の中には、「芸術」に『かくかくしかじか』(東村アキコ・集英社)があります。漫画家になりたい主人公が、絵画教室でとても指導熱心な先生に出会います。漫画家になるまでの自伝的作品で、「キャンパスに向かって絵画を描け」と言い続ける先生に、本当は漫画を描きたいのにそれを言い出せない主人公の心の葛藤も描かれています。また、異彩を放っているのが、「社会」に分類されている『忍者武芸帳 影丸伝』(白土三平・小学館クリエイティブ)です。「これも学習マンガだ!」のホームページを見ると、「日本の戦国時代を舞台に、大名、剣客、僧侶、盗賊、農民、戦争孤児たちなど多様な階級・境遇の人物が登場し、それぞれの野望、利害、意思を絡ませ合って、息継ぐ間もない戦いの物語が進みます」とのこと。戦国時代を天下取りだけではない角度から描いており、現代においてもいろいろな思惑が働いていることが感じられる作品です。 また今回から「これが俺の学習マンガだ!」という新企画が登場。「自分にとって『学び』になった」、「新しい世界を知った」、と思うマンガ作品を専用サイトから投稿し、多数の投稿作品を、SNS内でランキング形式で発表していきます。筆者は海上保安庁を描いた『トッキュー!!』(小森陽一、久保ミツロウ・講談社)がオススメ。主人公が海上保安庁に入庁してから海難救助のスペシャリスト「特殊救難隊」での活躍までを描く、海上保安庁の仕事や関わる人々の思いが分かる一冊です。 そして、このプロジェクトを通して一冊の本も刊行されました。『人生と勉強に効く学べるマンガ100冊』。昨年紹介された作品が書籍にまとめられ、さらに深く作品について解説されています。 マンガを通じて「楽しみながら学ぶ」を継続的に推進していくこのプロジェクト、これからもどのような展開を見せるか、大変楽しみです。私たちも皆さんに情報発信を続けていこうと思います。『人生と勉強に効く学べるマンガ100冊』佐渡島庸平、里中満智子ほか著昨年の「これも学習マンガだ!」チラシ閲覧ゾーンの「これも学習マンガだ!」コーナーInformation【開館時間】午前11時~午後7時(入館は午後6時30分まで)【休館日】火曜日(12月27日・1月3日は開館)年末年始(12月31日~1月2日)【常設展観覧料】※( )内は団体料金一般400(320)円 中高生200(160)円 小学生100(80)円 ※小学生未満無料【お問合せ】北九州市漫画ミュージアム 093(512)5077「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」詳細はホームページで確認できますhttp://gakushumanga.jp/ 「これ学マンガだより」もチェック!これも学習マンガだ! ?世界発見プロジェクト?