紅梅(A)遺跡第6次調査

所在地  北九州市八幡西区紅梅一丁目

調査時期 令和3年11月1日〜26日

調査面積 435㎡     

        


調査の内容
  
 本遺跡は、八幡西区紅梅1丁目に所在している。標高は7mである。

 調査では、遺物包含層と多数の柱穴、掘立柱建物、土坑等を検出した。

 遺物包含層からは少量の古墳時代の須恵器や土師器が出土した。柱穴からは、土師器の細片が多く出土している。掘立柱建物は、調査区東側で2間×2間の総柱建物を検出した。この総柱建物の各柱穴からは、柱痕や柱のアタリが検出され、その直径は約15cmである。各柱穴からは少量の土師器片が出土しているが、時期決定に耐えられるものはなかった。複数検出した土坑からも、少量の土師器が出土しているが、いずれも時期決定が困難である。

 包含層から出土した須恵器は5世紀後半から6世紀前半ごろと考えられることから、検出した遺構は古墳時代に帰属する可能性が推定される。

 倉庫と考えられる総柱建物や多数の柱穴の出土に対して、遺物が希薄であることから、生活域の中心は調査区を含むさらに標高の高い地点と考えられる。


    
紅梅A 東側調査区 全景.jpg
東側調査区 全景
                
紅梅A 総柱建物周辺写真.jpg
総柱建物周辺
               
紅梅A 総柱建物の柱穴に見られた柱の痕跡 南から.jpg
総柱建物の柱穴に見られた柱の痕跡 南から
       

        

主な遺構

古墳時代

 掘立柱建物跡、土坑、多数の柱穴等

       
主な遺物

古墳時代

 須恵器、土師器、石器   

コンテナ

 17箱