北九州市文化芸術活動再開支援助成金事業について

1. 助成事業の概要

 新型コロナウイルス感染症感染拡大により、今、劇場やホール、ライブハウス、ギャラリーなどにおいて公演や展示等を行うことが困難な状況にあります。

 そこで、適切な感染症対策を講じて実施する文化芸術に関する事業に対し、施設使用料及び付帯設備使用料(冷暖房費は含みません)の50%相当額を助成することとしました。

 皆さまの文化芸術活動の実施、再開を支援いたします。

 

 

2. 対象となる事業

 広く市民を対象とする以下のいずれかに該当する事業

  • 音楽、演劇、舞踊、芸能などの公演(動画配信による無観客公演を含む)
  • 絵画、写真、書道などの展示
  • 映画、アニメーションなどの上映

 

  【対象とならない事業】

   ✖ 文化芸術活動の練習(本番前日等のリハーサルは助成対象)

   ✖ ワークショップ等講座に類する事業

   ✖ 式典、会社説明会、学会等の講演会・集会に類するもの

   ✖ 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがある事業

 

3. 助成要件となる施設

ホール、劇場、ライブハウス、映画館など(興行場法等の許可を受けた施設)

  1. 市内に所在地があること。
  2. 利用料金が公表されている施設であること。
  3. 令和2年度以降、月に1回程度有料で施設を一般に貸し出して行う公演開催実績を有すること。
  4. 興行場法(ライブハウスについては食品衛生法等)の許可を受けた施設であること。
  5. 収容人員が概ね50人以上の施設であること。

 

展示会を行うギャラリーなど

  1. 市内に所在地があること。
  2. 利用料金が公表されている施設であること。
  3. 令和2年度以降、月に1回程度有料で施設を貸し出して行う展示事業開催実績を有すること。
  4. 室内床面積が30㎡以上であること。
  5. 他の目的業種と併設の場合は、展示スペースが独立していること。

  

※ いずれの施設も、国、福岡県、北九州市が示すイベント開催に係る方針や内閣官房ウェブサイトに掲載された「業種ごとの感染拡大予防ガイドライン」に即し、新型コロナウイルス感染症拡大防止措置が十分に取られていることが必要です。

 

助成対象確認施設一覧

 

4. 助成回数の上限等

種別 助成回数 1回あたりの助成上限日(週)数

公演・上映

(劇場・ホール・ライブハウス・映画館等)

1事業者あたり5回まで

1回あたり連続する5日間

(1日あたりの上限 50万円)

展示

(美術館・ギャラリー等)

1事業者あたり5回まで

1回あたり連続する5週間

(1週あたりの上限 50万円)

  

※ 対象事業、助成要件施設ともに、新型コロナウイルス感染症拡大防止措置が十分になされていると認められない場合は助成対象外となります。

 

5. 公演等の対象期間

 令和3年6月1日から令和4年3月31日までに行われた公演、展示等

 

6. スケジュール

(1)令和3年6月1日  申請受付開始

(2)令和3年8月頃   支給開始(随時)

(3)令和4年2月28日  申請締切※ 予算上限に達した時点で終了

 

7. 申請方法について

 下記の申請様式をダウンロードし、必要書類を添えて郵送してください。

 

8. 注意事項

 実績報告の際、事業の様子や状況が分かる写真の提出が必要です。

 【参考様式】事業実施状況写真(事業報告添付用).docx

 

9. 申請から交付までの流れ

申請から交付までの流れ.jpg

 

10. 提出・問い合わせ先等

提出先

(公財)北九州市芸術文化振興財団総務経営課経営事業係 再開支援事業担当

 〒803-0812 北九州市小倉北区室町一丁目1番1号

 

お問い合わせ

 電 話:093-562-3067(平日9~17時)

 e-mail: keiei@kicpac.jp