北九州芸術劇場&響ホール 情報誌Q

 

q-75.jpg

ワクワクに出会えるかもしれない。
涙が止まらないかもしれない。
心が軽くなるかもしれない。
人生観を変える出会いがあるかもしれない。



生まれる気持ちは人の数だけ、
受け止め方はあなた次第。
あなただけの感じ方、見つけてください。


『アートがそばにある暮らし』
お届けします。

最新号

Vol.75 2022.11

表紙


「アートがそばにある暮らし」をテーマにした情報誌Qの表紙。
タイトルは「オータムたちの大演劇」。
秋の魔法に導かれ、到津の森公園の動物たちが繰り広げる演劇祭のイメージを描き下ろしてくださいました!
今年度表紙制作を担当してくださっている【@garakuda】さんが織りなす独自の素敵な世界観を隅々まで楽しんでくださいね。
今回の絵には☆が8個隠れています♪
答え合わせは財団twitterで!

 

アーティストインタビュー


Vol.75のアーティストインタビューは、ミュージカルをはじめコンサート、テレビドラマ、バラエティーなど多岐にわたり活躍する井上芳雄さん。
2022年12月に北九州公演を控えたKERA・MAP「しびれ雲」でタッグを組むケラリーノ・サンドロヴィッチ氏の印象や演劇に対する思いなどについてお話をお伺いしました。

 

ラインアップ


2022.11月~2023.5月のラインアップを掲載しています。


【訂正とお詫び】
現在配布中の冊子版 情報誌Q vol.75に、下記の通り誤りがありました。訂正し深くお詫び申し上げます。

響ホールワンコインコンサート vol.35
二村裕美[ヴァイオリン]
発売日
[正⭕]2/22(水)
[誤❌]2/22(木)

※公演詳細はこちらから



情報誌Qについて

発行

 

7月、11月、3月の10日発行(納品日は号により異なります)

 

部数

 

各号9万部発行(年間27万部発行)

仕様

 

AB版 8ページ カラー

 

配布場所

 

北九州芸術劇場Q-station(リバーウォーク北九州5F)
北九州市立 響ホール
リバーウォーク北九州1Fインフォメーション



●北九州市関係施設
各区役所、各市民会館、各市民センター
各出張所、図書館、体育館、生涯学習センターなど

●市内外の文化施設
●公共交通機関
北九州モノレール各駅
JR九州・JR西日本一部駅
枝光駅、折尾駅、黒崎駅、小倉駅、椎田駅、下関駅、スペースワールド駅、戸畑駅、中津駅、西小倉駅、直方駅、南小倉駅、門司駅、行橋駅、若松駅)
北九州空港
西鉄バス(小倉駅バスセンター案内所、西鉄黒崎バスセンター案内所)


●その他

リバーウォーク北九州、ブックセンタークエスト小倉本店

西日本シティ銀行市内一部支店 等

(2022年6月時点)

  

お近くに配布場所がない方

送付先のご住所、お名前を明記し、1部につき120円切手1枚を同封して、下記宛までお送り下さい。

最新号をご返送いたします。




〒803-0812
北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11 5階
(公財)北九州市芸術文化振興財団 情報誌Q」送付係

 

関連企画

2022年度 情報誌Q表紙制作者募集について

※2022年度の情報誌Q表紙制作者募集は終了しました。

バックナンバー

2022年

Vol.75 2022.11

Vol.74 2022.07

Vol.73 2022.03

2021年

Vol.72 2021.11

Vol.71 2021.07

Vol.70 2021.03